「墓じまい」でのトラブル

両親らが埋葬された墓を「墓じまい」として無断で撤去され、精神的苦痛を受けたとして、愛知県弥富士の90才の女性が、撤去した親族2人に損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。(2018.10.27共同通信より

 

六地蔵

 

少子高齢化や核家族化などを背景に、墓の守りをすることが困難になったりがいなくなったりすることが増えている。墓守をする人がいなくなれば、無縁墓となり、誰も触れず、手入れがされないので荒れ放題になる。そうなることを防ぐために、遠方の墓地を近くの墓地に「改葬」したり、個人個人の墓を先祖代々として「合葬」したり、お寺などに永代供養してもらったりする方法もある。

 

お葬式本舗 2018.10.31

   ☎0120-315-179